棚カードを使って在庫管理を効率化する

棚カードの基本と在庫管理への利点

棚カードは在庫管理において商品の場所や数量を視覚的に確認できるものです。
在庫置き場の棚にカードを設置します。
棚カードには商品コード、商品名、在庫数、入出庫履歴等が記載されています。
棚カードを見ることで、その商品が何なのか、在庫はあとどれぐらいあるのかを確認できます。
入出庫を記載できるものであれば、いつ誰が何個動かしたのかを把握することもできます。

導入が簡単

棚カードは紙とペンさえあれば簡単に導入可能です。
棚カードの雛形を作っておくと、印刷することで複数の棚への導入ができます。
棚カードは在庫管理の基本的なツールとして非常に有用な役割を果たします。

棚カードの管理のみのデメリット

棚カードを用いた在庫管理はメリットがある一方で、多くもデメリットが存在します。
1つ目に、棚カードは紙で管理しているため、ヒューマンエラーが起きやすいです。
具体的には、棚カードの更新忘れ、文字が汚くて読めないことが挙げられます。
商品点数が多くなると、棚カードの管理自体が複雑化し逆に手間が増えることがあります。
また、棚カードのみの管理ではリアルタイムでの在庫状況を把握することが難しいです。
急な対応や少ない在庫に対応しづらいという課題もあります。
そのため、効率的な在庫管理、正しい在庫管理を実現するには、管理ツールを使うことが望ましいです。

在庫管理アプリの利用で在庫精度を向上させる

現場でも手軽に簡単に使えるものがあります。
スマホで簡単に在庫管理を行えれば、棚カードとの併用で在庫管理の精度と効率を飛躍的に向上させることができます。
在庫管理アプリを導入することで、手書き管理から解放され、リアルタイムな在庫更新を実現します。
さらにアプリであるため、どこでも利用することができます。
事務所や営業先で即座に在庫を確認することが可能です。
費用面にもメリットがあり、在庫管理アプリはハンディターミナルや他の在庫管理システムに比べて低コストで導入することができます。
在庫管理アプリMonoCであれば棚カードとの併用で最適な在庫管理を実現することができます。

電子棚札というものもある

電子棚札は、従来の紙ベースの棚札(棚カード)の代わりにデジタル表示技術を用いて商品の価格や情報を表示する電子デバイスです。
基幹システムやPOS等と連携して、価格情報の一括変更を行なったり、在庫数を変更し表示します。
価格の誤表示や更新遅れを防ぎ、正確な情報提供が可能となります。

まとめ

棚カードを利用した在庫管理は、基本的な管理として有効ですが、限界が近いです。
在庫管理アプリを導入することで、低コストながら大きな効果を期待できます。
在庫管理業務にお悩みでしたらぜひご連絡ください。
在庫管理業務のデジタル化を推進し、業務の最適化を図ることができます。
在庫管理アプリを用いた運用のご提案をすることも可能です。
お問い合わせはこちら→support@monoc.app
 
 
 

この記事の筆者
佐藤 徳洋
日本物流学会会員、在庫管理アプリMonoCの運営を行う。
東証プライム企業のシステムエンジニアとして働いている中で、古いシステムでは令和の業務を支えられないと感じ、新しい業務のやり方を模索中。