ハンドメイド作家のための在庫管理

日本物流学会会員、元システムエンジニアの筆者が、店舗や倉庫で使われる入出庫伝票の書き方や活用方法を解説します。
 
ハンドメイド作家にとって自身の作品を効果的に販売・展示することは大切な業務の一部です。
しかし、制作活動に集中する中で、在庫管理が疎かになることがあるかもしれません。
本記事ではハンドメイド作家がなぜ在庫管理を行うべきなのか、その方法について詳しく解説します。

なぜ在庫管理をするのか

無駄な在庫を抑制

在庫管理を適切に行うことで、必要以上の材料や製品を持つことなく効率的な制作活動を維持できます。

在庫切れを防ぐ

人気商品の在庫が突然切れると、顧客の期待を裏切ることになります。
適切な在庫量を確保しておくことで、常に注文に対応できる状態を保つことができます。

キャッシュフローの最適化

在庫を適切に管理することで、余計な材料の購入コストを削減し、キャッシュフローの健全性を保つことが可能です。

在庫管理の方法

在庫リストの作成

制作に使用する材料や完成品の在庫状況を一覧表にして把握することで、何がどれだけ在庫として存在しているのかを明確にします。

周期的な在庫確認

一定の周期で在庫の確認を行い、実際の数量とリストが一致しているかを確認します。

在庫の最小・最大レベルの設定

常に保有しておきたい最小の在庫量と上限を設定することで、適切な購入や制作活動の調整が可能になります。

在庫管理アプリの利用

ハンドメイド作家にとって在庫管理アプリは非常に有効です。

簡単に在庫を追跡

手動での在庫追跡と比べ、アプリを使用することで簡単に、迅速に在庫を追跡・管理できます。

リアルタイムでの情報更新

在庫の変動情報がリアルタイムで更新されるため、常に最新の情報を元に制作や購入の判断を下せます。

スマホで使える在庫管理アプリ

紙やエクセルの在庫管理表は不要です。
スマホで簡単に在庫管理できます。
 
 

この記事の筆者
佐藤 徳洋
日本物流学会会員、在庫管理アプリMonoCの運営を行う。
東証プライム企業のシステムエンジニアとして働いている中で、古いシステムでは令和の業務を支えられないと感じ、新しい業務のやり方を模索中。